一番最近の良かった映画 2015/10/03時点
映画「バクマン。」

トワイライト ささらさや [ 新垣結衣 ]


ザ・コール 緊急通報指令室
最近の記事
2016年09月24日

【映画】「ハドソン川の奇跡」評価ネタバレなど、早速映画館に行って

トム・ハンクス主演の最新作が、今日から映画館で上映開始になりました。
映画「ハドソン川の奇跡」です。

予告動画などみて、ちょっと面白そう期待できそうだったので

今日9月24日の公開初日に映画「ハドソン川の奇跡」を見てきました。



実際に映画「ハドソン川の奇跡」を見た感想評価、ネタバレも書いていきます

まず、この映画実話のようです。

実際に、起った飛行機事故の映画化になります。

映画のネタバレ要注意です。

飛行機の事故で、水中着陸は
正しい選択だったのか?

それとも??という内容なのですが

実話の映画化となると、エンターテイメント期待できないのかも??って

この映画「ハドソン川の奇跡」を見て感じました。

映画のわくわく感、緊迫感

インパクト場面の沸点が低すぎた感じ

でも、実話が元になった映画なら
しょうがないという点も・・・

実話が、映画のストーリー、展開に
ピッタリしている方が、期待してしまうのも無理あったのかな??


今日、公開初日に映画「ハドソン川の奇跡」を見に行ったけど

ただただ、実話の映画を見て

あー、こういう事が実際に起ったんだってくらい。
この映画を見て、あの事件について
再認識するって事を目的としている??

一般的な映画みたいな、インパクトシーンも

沸点もそれほどない状態です。

これが、実話の映画としては

自然なのかも??






映画「ハドソン川の奇跡」を今日見て

今後の実話の映画、今日の感覚をしっかり記憶しておいた方がよさそう

逆に映画としての、ポイント

インパクトシーン作ったら不自然とかになったり?
冷める展開になっていたのかな?

アメリカの飛行機事故で

こういう事があったんだって、

それをクリント・イーストウッド監督が映画として撮影して

主演にトム・ハンクスだったという事が事実として。

純粋に映画を楽しむには、
楽しみたい人には、この映画「ハドソン川の奇跡」おすすめできないかも??

実話の真実を映画としてみたい、
アメリカの過去のシーンを見たい人くらいが

見る映画になっているのかも??

実話の映画ってこういうものでしたっけ??
posted by 映画 DVD鑑賞 at 14:05 | 和歌山 ☁ | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年09月23日

【映画】「君の名は」ネタバレ感想など、どんな評価になるかな?

今日映画館に「君の名は。」を見に行ってきました。
すごく大好評の映画みたいですね。

すごい人気映画みたいで、映画の聖地を巡る事も
すごく盛んにおこなわれているとの事です。

どれくらい、いい映画なのか楽しみです。



実際に、映画館で見た「君の名は。」感想やネタバレなど書いてみます。その評価の方は??

これから、映画を見るという方はご注意ください、ネタバレ書きます

まず、この映画、主題歌注目浴びていますよね。

映画の主題歌が、エンディングのエンドロールに1回だけって
いう映画多いと思いますが

この映画「君の名は。」を
最初に、序盤に

何度か聞く機会あって、かなりこの点は嬉しいかも??

この主題歌も、映画と同じく、大人気になっていますからね。

たしかこの映画の音楽は「RADWIMPS」担当しているとか?全て

映画と共に、「RADWIMPS」も大ブレークですね。


それでは、映画「君の名は。」の内容の感想については
高校生の男性と、女性が入れ替わる・・・

これは、事前に知っていました。

ちょっとこれって、ありきたりの展開では??
今までの映画でも、この入れ替わるってよくありますよね??

大丈夫??大ヒットしている映画って事みたいだけど・・・

この高校生の男性と、女性が入れ替わる自体は
他の映画とそんな変らずでしたが、

ずーとずーと入れ替わったままでは

最後まで、この入れ代わり継続するのかと思ったら

そうでないみたいです。この映画。

入れ替わったり、入れ替わらなかったり

ちょっと今までのパターンとは違うみたい、ちょっと安心

あと、気になったのが
高校生の男性と、女性が入れ替わる時の記憶

このお互いの気持ちなどについては、
ちょっと完全には、理解できなかった感じが、個人的には

映画監督の新海誠さんの意図、意思は
映画を見る側に伝わっているのか、ちょっと不明な感じも・・・

映画「君の名は。」が、空前の大ヒット、大人気で
聖地巡礼もなんて、映画を超えての大ブレーク中という事ですが

この点は、皆さんどう感じ、どう思ったのか?気になる所です。

おそらく、完全には、映画の意図など完全に理解できにくい感じしたけど・・・

まさか、このような展開の映画になっているとは

想定外となっていました。

うん、今までの単純な
男女の入れ替わりでない、

今まで見た事ないストーリーだった感じで、目新しいと感じる事ができました。






かなり奥深い映画になっていたと思います。
映画「君の名は。」

もう少し、個人的には、場面場面を
理解できれば、ストーリーにもっとついていけたし

もっと納得できたのかなって事も・・・

アニメだからって、毛嫌いして
この映画見ないでおこうと思っている人

もったいないと思います。

この映画「君の名は。」は
ぜひ、観るべき映画と評価できると思います。

決して、映画の聖地巡礼とか、ブーム的になっている感じですが

とても、単純明快な映画でない

色々感情を考え、あの場面、あの時、どういう事だったなんて

考えながら見る事ができる、大人にもおすすめできる映画だと思います。

映画観るなら<U-NEXT>
posted by 映画 DVD鑑賞 at 15:19 | 和歌山 ☁ | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年09月17日

【映画】「怒り」感想ネタバレも、やっぱり「広瀬すず」さんの場面

映画「怒り」予告映像などで見る限り、重そうな内容?見ないかも?と
思っていましたが、今日、映画館に行って時間が上映時間がタイミングよかったので

この映画見る事になりました。

予備知識なかったのですが

一体どのような映画になっているのか??






実際に映画「怒り」の感想、あとネタバレも書いていきます。
これから見る人はご注意ください。

この映画のポイントは、やっぱり
「広瀬すず」さんの場面になると思います。

映画のタイトルを再確認「怒り」です。

そのタイトルと
「広瀬すず」さんの場面

場所が沖縄

となると、やっぱり「怒り」といえば

アメリカ軍の犯罪
沖縄にアメリカの基地が集中してあり過ぎるための弊害

最近も、アメリカ軍属の犯罪がありましたよね、現実の社会でも

この映画「怒り」でも
この点がポイントになっている感じ。

なんと、この映画で
「広瀬すず」さんが沖縄で
アメリカ軍の人に襲われてしまうという内容です・・・

この映画「怒り」を誰に向けての映画??なのか考えてみましたが

沖縄に日本にあるアメリカ軍の基地のほとんどが集中してしまっているため
あとを絶たない、アメリカ軍による犯罪

まず、日本人に向けた映画?

さらに、日本の本土に暮らしている人に向けた映画?

もしくは、沖縄に向けた映画??

それとも、アメリカに向けた映画?

アメリカ軍に向けた映画??

沖縄にいるアメリカ軍に向けた映画??


映画を見た感想で、これを感じました。

この「怒り」という映画を通して

日本の沖縄県で日々起っている
アメリカ軍による問題、犯罪を
この映画を通して、表現している内容なっているのでは??

ちょっと個人的には、

映画の役とはいえ
沖縄で「広瀬すず」さん演じる役の少女が

くどくなってしまいますが、映画の配役として
外国人の人が、アメリカ軍の役を演じ

「広瀬すず」さんを襲うシーンがありました。

この場面、この役を演じた人って
どういう気持ち、感情になったのかなって。

映画として、俳優として割り切って演じていたのかな?

ココに一番関心がいってしまいました。


さらに、この映画「怒り」という作品を

アメリカ人が見たら、沖縄にいる在日米軍の人が見たら?
どう思うのか?どう感じるのか?

それが、日本人が見たら、本土にいる人が見たら
沖縄にいる人が見たら

どのような感じに、どのように思うのかって気になりました。

ショッキングなシーンを
今大人気若手女優の

「広瀬すず」さんが演じる事で

さらに、インパクトの大きなシーンになっていると思います。

この映画の最大関心点は、この沖縄問題
アメリカ軍の問題につきると思います。

映画「怒り」の内容全体では
オムニバス形式になっていて

3か所での物語が、進んでいく感じ

その中の一つとして

沖縄問題、アメリカ軍の暴行事件が入っています。

映画自体の評価的には、オムニバスが
お互いにちょっと、中途半端になってしまっている感じ

なので、リスク分散のまま映画終わってしまったように感じました。

でも、この映画でのポイントは
個人的には、やっぱり何度も行ってしまいますが

沖縄問題を、「広瀬すず」さんが演じる

「広瀬すず」さんがアメリカ軍に襲われてしまう

実際、現実問題として、長年繰り返されている問題

そして、現在、現時点でもアメリカ軍のいいなり
日本としては、対等にアメリカ軍に接する事ができていない

不平等、日本のできない?しない?関係が
この映画を通して、「広瀬すず」さんのシーンを通して

見て、再認識できる映画になっていると思います。






正直、この映画、本当に内容とか
どんな映画か知らずに行ったので

本当に映画を見て、驚きと疑問が一緒に沸いてきました。

日本人にはもちろん、アメリカ人の人にも
沖縄にいるアメリカ軍の人にも見てもらいたい

日本の政治家にも見てもらいたい作品だったと思いました。
posted by 映画 DVD鑑賞 at 13:38 | 和歌山 ☁ | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年09月12日

【映画】「チャップリンからの贈りもの」感想レビューなど

TSUTAYAで「チャップリンからの贈りもの」という映画を見つけました
そういえば、ちょっと前にテレビか?映画館での予告か何かで
見たかもしれない映画

面白そうって思っていた映画です



映画パッケージに「喜劇王チャップリンの遺体が盗まれた実際の事件を題材に、マヌケでドジな2人組が巻き起こす大騒動を描いたヒューマンコメディ」という事で

面白そうなのでレンタルしてみました。

実際に映画「チャップリンからの贈りもの」を見た感想レビューなどは、

うーん、ちょっと期待していた「コメディ」という所

期待していましたが・・・

結構たんたんと進んでいくという内容ストーリー


個人的な期待していた展開と違っていました。

この点では、残念・・・

「喜劇王チャップリン」の映画
「マヌケでドジな2人組が巻き起こす大騒動」というストーリー

ここがポイントの映画
「コメディ」になっている?と思っていたけど・・・

実話という事だけに

「ヒューマンコメディ」?

ヒューマン映画的な感じになってしまっていたのかも??

映画というエンターテイメント色が弱かったかなって

ちょっと残念・・・

実話という事で
「喜劇王チャップリン」には、このような事があったくらいの

ドキュメント的な感じ?の側面の方が近いのかも??

スイスの、その時代の様子を見る学ぶ
という事の方が、この映画「チャップリンからの贈りもの」には

あってそうな感じ、

「コメディ」という映画では

捉えない方がよさそうです。

チャップリンからの贈りもの [DVD]

まだレンタル開始されていないみたいだけど
映画「帰ってきたヒトラー」みたいなコメディを期待してしまっていました。

「帰ってきたヒトラー」見ていないけど、こちらは?コメディ色強いのかな??
posted by 映画 DVD鑑賞 at 05:39 | 和歌山 ☁ | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年09月10日

【映画】スポットライト 世紀のスクープの感想ネタバレも少し書いて

映画館の予告映像で気になっていた映画
「新聞記者たちがカトリック教会のスキャンダルを暴いた実話」
タイトル分からなかったけど、TSUTAYAで見つける事ができました。

スポットライト 世紀のスクープ」という映画でした



早速、映画「スポットライト 世紀のスクープ」を見た感想書いてみます。

映画自体は「カトリック教会がその事実を看過していたというスキャンダルを白日の下に晒す記事を掲載」という事で、決して楽しい、面白い展開でないのですが

かなり見ごたえがありました。

迫力のあるシーン、インパクトシーンがなくても

このような映画のストーリーも
かなり面白いって思えた映画でした。

映画自体の長さが、約2時間と長めだったのですが
飽きる事無く、見る事ができました。

静かな映画、おとなしい映画でも

この映画「スポットライト 世紀のスクープ」みたいに
いい映画、エンターテイメントとして
できるんだって、改めて知ることが出来ました。

最近、個人的に、ド迫力の映画、激しい映画が続いていたけど
この映画、レンタルできてよかったです。

大きな組織に挑む、隠ぺいされている事を
追及する記者の姿って、もしかして
現在の世の中にも、そして日本でもあてはまることが
とてもありそうな感じしました。






ちょっとネタバレも書いてみます、これから見る人はご注意ください
この映画「スポットライト 世紀のスクープ」では
このような映画にありがちな、妨害とか圧力とか
記者に危険が、危ない目に合うってありそうな展開でしたが

この映画では、そのような事がなくて
その点も、違っていてよかったのかなって。

この映画「スポットライト 世紀のスクープ」に
点数をつけるとすると

65点くらいになると思います。

個人的には、かなりの高得点になる映画だと思います。
posted by 映画 DVD鑑賞 at 14:43 | 和歌山 ☁ | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年09月04日

【映画】「ボーダーライン」評価と感想など、これがアメリカの現状?

【映画】「ボーダーライン」評価と感想など、これがアメリカの現状?
エミリー・ブラント主演映画「ボーダーライン」DVDをレンタルして
すぐに見てみました。

まず、この映画の概要が
「アメリカとメキシコの国境地帯で繰り広げられる麻薬戦争の現実を、リアルに描いたクライムアクション
という事です。



実際に、【映画】「ボーダーライン」評価と感想などを書いてみます。

うーん、まさか??とは思いますが
この映画が、アメリカの現状?メキシコとの間での実話では??

全くの作り話でない感じが・・・

正直映画として、エンターテイメントとしては、

理解できない、ついていけないストーリーの連続です・・・

2015年にアメリカで作成された映画という事で

現実の社会、現実の世の中で行われている事でないのかって?事??

うーん、いろいろな事

色々な事に対する事が、どうなって
どういう事になっているのか?

やっぱり付いていけない、理解できない・・・

うーん、この映画って
誰が見たい映画、誰を対象にしている映画か?

それすら分かりません・・・

映画といえるのか??

この映画、レンタルしなければよかったのかなって

アメリカの現実の一端?をこれで

見る事ができる?学ぶ事ができるのかな??

ただただ、展開と内容に

理解できない事、ついていけない事の連続で

そのまま映画終了に・・・


あくまでも個人的な評価ですが

この映画「ボーダーライン」を点数をつけるならば

25点くらい

この映画見なくてもいいかも??

ちょっと理解できない映画になっている感じ・・・

ボーダーライン(吹替版)







posted by 映画 DVD鑑賞 at 16:38 | 和歌山 ☁ | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年09月01日

【映画】グランドイリュージョン 見破られたトリック「絶対おすすめ

【映画】グランドイリュージョン 見破られたトリック「絶対おすすめ」
今日、9月1日から映画館で公開になった作品です。

早速、今日見に行ってきました。



それでは、映画「グランド・イリュージョン 見破られたトリック」の感想レビューを
書いていきたいと思います。

まず、この映画、絶対に見る事をおすすめです。

個人的には、2016年の映画館で見た物
映画DVDで見た作品の中で

この作品
映画「グランド・イリュージョン 見破られたトリック」が
最もいい映画だと思います。

すごいです、この映画。

前作も、もちろん見ました。
前作のタイトル「グランド・イリュージョン」になります。

この作品は、そこまでよかったって記憶ないのですが

それもあったけど、今日映画館で見た時は

本当に楽しめました。
グランド・イリュージョン 見破られたトリック

いくつ、何回想定外の、期待を、裏切られたか分かりません。

この予想外の展開過ぎて、若干付いていけない部分さえあったくらい

でも、それがあっても

十分過ぎるほど、堪能する事ができました。

映画に最初から、最後までしっかり集中して
見る事ができました。

個人的に、映画を見る時には
想定外の展開の期待、そしてインパクトのあるシーン

見所みたいなシーンを期待しています。

それらの配分が、映画のストーリーの流れ、展開の中に
しっかり入ってくれている、いい場面でいいタイミングで

入ってきてほしいって思っています。

この作品
この映画「グランド・イリュージョン 見破られたトリック」

まさに、私にとって

2016年に見た映画の中で
最もいい映画だったと

胸を張って、みなさんにおすすめできる作品になっています。

ぜひ、観てもらいたいです。

前作もぜひ







ちなみに、この作品の前に
最もいい作品、いい映画と思ったのが
「ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション」
になります、この作品が、2015年に公開されたものになります。
posted by 映画 DVD鑑賞 at 14:10 | 和歌山 ☁ | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする