一番最近の良かった映画 2015/10/03時点
映画「バクマン。」

トワイライト ささらさや [ 新垣結衣 ]


ザ・コール 緊急通報指令室
最近の記事
2019年03月24日

【ブラッククランズマン映画】感想評価アメリカ人種問題を実際に

black_klansman_movies_.jpg





映画「ブラッククランズマン」ちょっと気になって
映画館に見に行ってきました。

上映されるスクリーン多く無いようですが
アメリカの人種問題、人権問題という事が描かれている映画のようです。
これのみって作品では、ちょっと見に行きにくいのですが

映画「ブラッククランズマン」の概要が
潜入捜査した実話をつづったノンフィクション小説の映画化という事。


「ブラッククランズマン」の感想評価してみたいと思います。

映画スタートすぐに
ツイッター、インスタ、ブログで
大炎上しそうなシーン、場面が続いて

すごいインパクトがあるって感じ。

アメリカの製作した映画のはず。
ここまで、正直に、現状をさらすって

表現の自由というのかな?
かなり、正直驚いてしまいました。

アメリカの映画を通して
垣間見るって事が

日常、実際の生活を
他の洋画で

この映画「ブラッククランズマン」では
今までの垣間見る
アメリカの生活、一部を

それを圧倒的に凌駕されるようです。

アメリカって
自由で、平等で
どんな人もチャンスが、同じように

これってなんだったんだろう?
どこで
こんなイメージ、印象
アメリカに対して
持っていたのかな?って

あらためて、2019年3月23日に
映画を見ながら、個人的に感じてしまいました。

他の国の事って
全然知らない、イメージだけ、印象だけ

アメリカの白人と
黒人
さらに他の人種に対して


解決策が、これからも
アメリカでこのような事が・・・・

逆に考えると
日本には
「忍者」
侍が
いるって
思われている感じ、他の国から、外国から

それくらい
アメリカの国について
知らない、見えていないんだって

映画「ブラッククランズマン」を通して




これのみ、これに絞った映画
作品だったら

映画館に見に行かなかったはず。
だけど

今回の「ブラッククランズマン」では
潜入捜査した実話をつづったノンフィクション小説の映画化

エンターテイメントの要素も含まれている。
それに
付随する感じ

プラスとして
アメリカ社会

人種問題、差別問題
などなど

複雑というのかな?
根深いというのか

アメリカで
解決できないんだろうな・・・・

これからも


日本では
アメリカに憧れている
アメリカという国が好きって人が

沢山いると思うけど

どこまで知っているのか?

把握しているのかな?


それを加味して
憧れる、アメリカ好きって

言えるのかなって?


アメリカの
「白人史上主義」
これを考えている、これを支持している人が

実際には
色んな人種の人が
暮らしているって事で


もしかして日本には
本質が理解できない、分からない問題が

アメリカという国においては


クリント・イーストウッドさん主演
「運び屋」
という作品
映画でも

アメリカって
日常的に

自由の国、平等社会でないって
場面、シーンが多々ありましたが


今回見た
映画「ブラッククランズマン」では

何倍も、アメリカとしては
隠したい、見せたくないはずの


内容に





黒人、白人
さらに他の人種の人達が


アメリカという国で

映画「ブラッククランズマン」を通して

警察、警官の対応が
違う、
映画「運び屋」でも

アメリカという国
イメージ、印象が

変わってしまいそうな・・・・

人種問題をアメリカの
日本で考えると何になるかな?

日本でも解決できない
未だに、2019年3月時点でも解決できない

昔からの問題とすれば

沖縄。基地問題かな?

アメリカと沖縄。
日本と沖縄。

posted by 映画 DVD鑑賞 at 04:06 | 和歌山 ☀ | 洋画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2019年03月10日

【映画】気になるTHE GUILTYギルティハルベリーのザコールの?

movies_the_guilty_denwa.jpg





映画館で上映されている場所、スクリーンかなり少ない感じだけど
「THE GUILTY ギルティ」
大阪梅田では
梅田スカイビルの映画館
・シネ・リーブル梅田

こちらのみ

どんな作品??
「THE GUILTY ギルティ」

電話からの声と音だけで誘拐事件を解決するという、シンプルながらも予測不可能な

そうそう
この紹介文を読んだだけで

期待出来そうな映画って

テレビCMとか宣伝でも
映画
「THE GUILTY ギルティ」

紹介されていないから

知名度が低い感じで
上映される映画館少ないみたいだけど





日本では
なかなか
無いパターンな感じの展開。


「THE GUILTY ギルティ」って
アメリカでなさそうだけど

どこの国の作品??

デンマークという事です。


この映画を
内容をチェックしてみると

アメリカの映画
ハル・ベリーさん主演
映画
「ザ・コール 緊急通報指令室」
2013年に上映された作品

ちょっとリンクしてきそうな感じ。
posted by 映画 DVD鑑賞 at 07:57 | 和歌山 ☀ | 洋画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする