一番最近の良かった映画 2015/10/03時点
映画「バクマン。」

トワイライト ささらさや [ 新垣結衣 ]


ザ・コール 緊急通報指令室
最近の記事
2016年05月14日

【殿、利息でござる】感想は?羽生結弦の出演は、いつ?

【殿、利息でござる】感想は?羽生結弦の出演は、いつ?
今日(2016年5月14日)、早速行って来ました。映画館に。

話題で気になっていた映画【殿、利息でござる!】
今日は川崎のチネチッタという映画館に見に行きました。



この映画のポイントのひとつとして
フィギュアスケートの「羽生結弦選手」の出演のタイミングも気になる所ですが。

それでは、実際に【殿、利息でござる】感想とは・・・
まず、久しぶりに映画館でいい映画に出会えた感じです。
映画の【ネタバレ】もありますので、これから見る方はご注意ください。

この映画を今見ると、必ず思い出すものが
政治資金の私的流用の疑惑の東京都の「舛添要一知事」の事を思い出すはず

お金の使い方が、中心で、本当の所のお金を使い方というものを
殿、利息でござる】で再発見できた感じします。

実は、【殿、利息でござる】の序盤の方では、
想像を絶する金額のお金集めという事で、実現できる可能性が低い中
それぞれのお金に対する意識、気持ちというものが
入り乱れているという所。

お金集めに奔走しながら、やっとの思いで
目標金額を達成後の、行動の難しさ、大変さがその時代の
無力さも実感する事ができました。

身分の違いで、お金を「お上」に持って行くまでに
ハードルが多すぎて、やっぱり「お上」まで届ける事ができない??

そこで初めて、お金集めを始めた時期、きっかけ
お金を使う事で、町の暮らしをよくしたいという熱い思いで
さらに団結力が高まり、「お上」までの距離を縮めるという内容でした。
想定もしない人達のお金を貯めている理由が分かり
人間性も知る事になったり・・・

何に対してお金を使うか?
自分のためでなく、町のために、町を変えるための
お金を貯めて、使うという頭が下がる内容になっていました。

この点が現時点で話題になっている
政治資金の私的流用の疑惑の東京都の「舛添要一知事」の事と
リンクしてしまうはずです。必ず。

映画【殿、利息でござる】は、面白い映画
コメディ色の映画かと思っていましたが
そうではなかったようです。実話である映画という事が信じられないくらい
人を想う、町の事を想う映画になっていました。

本当に久しぶりに、いい映画を映画館で見る事が出来たと思います。

そして、この【殿、利息でござる】では、ポイントになっている
フィギュアスケートの「羽生結弦選手」の出演のタイミングですが

いつ出るのか?どのタイミングでって、頭で思いながら
羽生結弦選手」が出演するの待っていましたが

まず、場所が藩主の伊達重村役の「羽生結弦選手」が
待っている場所に向かって出会うという事でなく
まさかの、藩主の「羽生結弦選手」

町にやってくるという展開でした。さすがにこの展開分かりませんでした。
ちょっと、「羽生結弦選手」の出演する時間短すぎ??って感じありましたが

仙台藩の第7代藩主の気持ちの大きさ、懐の深さは
「羽生結弦選手」に通じるものがあるのでは?と思い見る事ができました。

器の大きな藩主という役が、「羽生結弦選手」にピッタリ合っていたと思います。

ぜひ、「羽生結弦選手」ファンの方はもちろん
映画【殿、利息でござる】は、見応えタップリ
本当にいい映画だと思いますので、ぜひ映画館に行ってみて欲しい作品だと思いました。

posted by 映画 DVD鑑賞 at 13:36 | 和歌山 ☁ | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気記事