一番最近の良かった映画 2015/10/03時点
映画「バクマン。」

トワイライト ささらさや [ 新垣結衣 ]


ザ・コール 緊急通報指令室
最近の記事
2019年04月07日

【映画バイス】評価感想アメリカ副大統領の映画って気になる

movies_vice_.jpg





TOHOシネマズ 梅田で映画を見てきました。
「バイス」という作品。

アメリカ副大統領の
映画って気になりますよね。


そういえば
最近映画で

アメリカってこのような国
日常生活って


映画を通して
垣間見れるような

知っているようで
知らない事が多々ある。

アメリカの事知らないって事が
まだまだあるんだなって

運び屋
ブラッククランズマン
最近の映画では

特にここまで
アメリカの事を正直に

透明性をもって?

作品にしていいのって
ちょっと心配してしまうくらい・・・


その点から
副大統領が
主演の映画

「バイス」でも

また新しい一面
アメリカの事を


そうそうなぜ?
どうして?
副大統領が主役の作品って
気になりますよね。

「バイス」の感想レビューとしては
日本の芸能界

2世タレント、政治家の
2世議員などなど

あとは、少し角度が違いますが
もしかして
韓国とか

大統領でない人が

今回映画館で見た
「バイス」のような立場に
成り上がるって事が。


それがやっぱり、一番感じたような

実話?という事なんですが
「バイス」という作品。


映画のエンターテイメントという面では・・・・
あくまでも
個人的ですが

映画の面から
エンターテイメントからは

ちょっと薄かったような・・・

展開とかストーリー

もう少し期待したかったような・・・・





副大統領の映画

アメリカの

興味を持つ
見てみたいって、おそらく

インパクトが大のはずだけど

実際に見た感じでは・・・・

映画として・・・・

実話から映画
作品という事で


それが、どう感じるのか?
見る人によって違いがあるような?


今まで
実話の映画化って

事実を、映画にしたって作品は

忠実性、正しく
映画にするって事は

映画として

エンターテイメントとして

面白い、見てよかった、満足って事と

もしかして、別のベクトルが
あるのかな?


そうそう
アメリカの社会を
映画を通して見れるって意味では
「ブラッククランズマン」
という作品

かなり衝撃、アメリカって自由で
誰でも平等でないって事が


アメリカの知らない面が、多々見れる。

映画としてもかなり見ごたえがありました。
posted by 映画 DVD鑑賞 at 09:17 | 和歌山 ☀ | 洋画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする