一番最近の良かった映画 2015/10/03時点
映画「バクマン。」

トワイライト ささらさや [ 新垣結衣 ]


ザ・コール 緊急通報指令室
最近の記事
2017年06月11日

【映画】「22年目の告白」主演藤原竜也伊藤英明の感想、評価は?

藤原竜也さん、伊藤英明さん主演の映画「22年目の告白 私が殺人犯です」
かなり期待していました。

予告映像でも、面白そうだったし

なんといっても、韓国映画「殺人の告白」がすごく良かったから。
今回の「22年目の告白 私が殺人犯です」は原作が


韓国映画「殺人の告白」という事で、どれくらい期待できるのか
楽しみにしていました。

実際に、映画「22年目の告白 私が殺人犯です」を見た感想、評価としては

途中まで、すごくよかったです。

けど、うーん、途中からかなり熱量が落ちた感じ

最初の方に力入れ過ぎてしまったのかも??

かなり期待していただけに、期待のハードルが高かっただけに

残念だった様な作品になっていました。


韓国映画「殺人の告白」を原作として
日本風に、日本に置き換えて
変っている部分などがあって

もしかして、そのような部分部分が、残念な方向に変ってしまった要因かも??

最近の映画の中では

最も映画館で上映スタートになる日を、楽しみに待っていただけに

残念だったなって。

殺人の告白(字幕版)

やっぱり、比較になってしまいますが
原作となった韓国映画「殺人の告白」

今回映画館で上映スタートになった「22年目の告白 私が殺人犯です」

おそらく、ほとんどの人が

この二つの作品を見比べると

韓国映画「殺人の告白」が良かったという感じになりそう予感です。

時代背景を、日本の事柄を詰め込み過ぎてしまったからかな??


たぶん、この映画「22年目の告白 私が殺人犯です」を見た人の感想として
ほぼ同じ感じ方をしているのでは??

本当に、前半から途中までは

最高の映画だったんだけど・・・って事を。

前半で力を使い果たしてしまった感じ・・・・

ペース配分が

もう少し後半にも力を入れて欲しかった映画だと評価されているはず。

このタイプの映画、結構あると思いますが。

残念、もったいない・・・・






posted by 映画 DVD鑑賞 at 05:50 | 和歌山 ☁ | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年06月04日

【映画】花戦さ感想、評価は?華道家「池坊専好」主演エンドロール

野村萬斎さん主演の映画「花戦さ」を映画館に
今日見に行ってきました。華道家のお話のようです。

予告映像で、何度もこの作品見ていて
面白そうな、時代劇かなって感じで

映画館に行ってみました。

花戦さ オリジナル・サウンドトラック [ 久石譲 ]




実際に、映画「花戦さ」を見た感想、評価は・・・

うーん、映画館で見るほどの映画でなかったようです。
残念ですが。

この作品の全体を通して
常に、10%〜20%くらいの
評価で推移していて、もっともメインの場面で
40%くらいに上がって、そのまま映画終わった感じ

戦国時代の時代劇で
主演が、野村萬斎さん演じる「池坊専好」

「池坊専好」という役柄が「花僧」といって
この人がメインになっているんだけど

あくまでも個人的な、このの映画「花戦さ」を見て
映画の最後のエンドロールを見ていて


もしかして、この映画ってそもそもの所

いけばなの根源 華道家元池坊」の
宣伝、PRの為の映画になっていたのでは??

エンドロールでは、

この団体というか、「いけばなの根源 華道家元池坊」に
関する所、団体の名前がすごく沢山流れてて

映画の内容自体もそうだけど

そういうための映画だったのかなって

だとすれば、それをエンターテイメントとして

映画としては、見応えのある展開、ストーリーには
できなかったのかも??

そもそも、この「いけばな」を中心にした映画の
ターゲットは、どの年齢層に向けた物?


男性?女性をターゲットにしているのかなって?

すべてが良く分からなかった感じ。

映画のエンドロールで、「生け花」「流派」が
沢山流れているのをみて


あくまでも個人的な感想として

ほんとに、宣伝目的だったんだなって

認識して、この映画自体を納得した感じ

そのため、映画「花戦さ」
映画自体としては、見応え、見る価値が
あまりなさそうな感じ。


評価としても、人にお勧めできる映画でないのかなって

au/ビデオパス 映画やドラマ・アニメ動画が見放題
posted by 映画 DVD鑑賞 at 18:35 | 和歌山 ☀ | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年05月27日

【映画】「湯を沸かすほどの熱い愛」感想は?評判がいいみたいだけ

今日、映画「湯を沸かすほどの熱い愛」をレンタルしてきました。
たしか、芸人さんの中ですごく評価高いとか、テレビで放送されていたみたいだし。

実際にレンタルショップに行って
どれか借りようかなって選んでいる時に

この作品が、残り一つとなっていました。
他はすべてレンタル中になっていました。

となると、かなり期待できるのではって?
20170527_yuwowakasuhodoeiga.jpg


実際に、映画「湯を沸かすほどの熱い愛」を見た感想としては・・・

かなり衝撃的な内容の連続だなって。

映画を見る前に想定していた、無難な内容かなって
思っていましたが、全然違っていました。

ほんと想像外の連続になっていました。


この映画「湯を沸かすほどの熱い愛」を見た人は

必ず気になるはず、確かめたくなるはずの

映画のラストシーン。

あれって、おそらく、たぶん、そうなんだよねって思いつつ

確信を持ちたくて、ネットで検索してみました。

検索キーワードとして
湯を沸かすほどの熱い愛 ラスト

やっぱり、このキーワードで沢山検索されているようです。

みなさん、ラストって、どうなった?

おそらく、たぶん、そうだよねって
確かめたい人が多いんだなって。

この作品「湯を沸かすほどの熱い愛」って
オムニバスっていう感じになるのかな?

いい意味で捉えると、次々に色んなストーリーが楽しめる。
飽きない、新鮮に見える感じ。

逆の意味でこの手法的には、
一つ一つが、若干浅目になってしまっているような気持ちも・・・

見る個人の感性によって違ってきそうな感じ。

うーん、この作品ほど
映画を見る前に想像していた内容、展開と

実際に見た感想として、違ってくる作品珍しい感じ。

宮沢りえさん、杉咲花さんの中心の映画かと思っていましたが・・・

この映画「湯を沸かすほどの熱い愛」を
おすすめできるか?

第三者に対してという事を考えると

好き嫌いがかなり分かれてきそうな感じ。

万人受けする作品でなかったようです。

個人的には、おすすめしにくい
映画になっているのかなって・・・

2017年5月27日時点
新作映画DVDを7泊8日でレンタルした料金として

税込で、480円

20170527_yuwowakasuhodoeiga1.jpg


映画観るなら<U-NEXT>
posted by 映画 DVD鑑賞 at 16:25 | 和歌山 ☀ | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年05月20日

【映画ヒメアノール】TSUTAYAでレンタル、感想は?やっぱり過激

気になっていた映画「ヒメアノール」をTSUTAYAでレンタルして見ました。
映画館で上映されているときから、森田剛さん、濱田岳さん主演されているって。

たしか、海外の映画祭で
上映されたとか?大絶賛された?賞を取ったとか
0520_tsutaya_rentaru_himeanoru.jpg


注目されていた作品「ヒメアノ〜ル」だったみたいですから。

でも、やや過激な内容って事で
映画館に見に行っていません。

実際に、映画「ヒメアノ〜ル」を見た感想としては

第一に、やっぱり映画館に見に行かなくてよかった。

想像通り、いや想像を超えて

衝撃的な場面、シーン

過激な内容になっていました。


TSUTAYAでレンタルしたけど
「準新作」扱いの映画DVDでしたが

ちょっと、料金的にもったいなかったかも??

森田剛さんの狂気的な演技

そして、普段見ている濱田岳さんのキャラと

ちょっと違う一面を

この映画「ヒメアノ〜ル」で見れたかも??

いつもテレビドラマ、CMでお馴染みになっているキャラと

比較して見れるかどうか?という所もポイントになっているかも?


映画「ヒメアノ〜ル」自体が

過激、衝撃的なシーンが沢山あって

期待したかったのが、もっと内容に、映画のストーリーに

もう一つ工夫、展開ほしかったなって気持ちが個人的に・・・


やっぱり、この映画見て

過激なシーンの映画

個人的に好きでないって、再認識したかも?

同じような映画、ちょっと敬遠している人には
おすすめできない映画かと思います。映画「ヒメアノ〜ル」は
posted by 映画 DVD鑑賞 at 13:41 | 和歌山 | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年05月06日

映画「追憶」公開「5つの日本一と7つの乗り物で巡る旅2日間」富山

富山県の「北陸ツアー2コース」
トロッコ電車
アルペンルート

映画「追憶」公開
阪急交通社がおすすめ


0506_tuioku_eiga.jpg


今日から映画館で公開スタートになった
岡田准一さん, 小栗旬さん, 柄本佑さん, 長澤まさみさん, 木村文乃さん出演している

0506_tuioku_eiga1.jpg
映画「追憶」

映画館に行ったときに、

5つの日本一と7つの乗り物で巡る旅2日間
のパンフレットもらえました。

富山県の旅行のようですが


映画の舞台が、富山県のようで

この共通点があったみたいです。

最近の映画館では
上映映画と関連しているパンフレットもらう機会ありますが

まさか、旅行会社のパンフレットもらえたの

個人的に初めてです。

人気俳優の岡田准一さん, 小栗旬さんが出演されているので

「富山県」にも
スポットが当たりそうな感じします。

ホテル・旅館の宿泊ならdトラベル
posted by 映画 DVD鑑賞 at 16:34 | 和歌山 ☁ | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年04月29日

【監督三池崇史】木村拓哉映画「無限の住人」見に行く前、ネタバレ

映画のネタバレについても記載していますので、ご注意ください。
木村拓哉さん主演映画「無限の住人」
時代劇コミックからの映画化となっている作品になります。

この作品の個人的に、なんとなく時代劇という時代背景と
木村拓哉さんの言葉使いが、ミスマッチ?

なんか現代の言葉を使っている感じが

どうも、違和感感じています。


あと映画「無限の住人」の監督が三池崇史さんという事。

この三池崇史さんという作品では
結構な目を背けたくなる場面、シーンあったと思いますが

この映画「無限の住人」でも
やっぱりそんなシーン多数あって

ちょっと、個人的にそれらのシーンのある映画苦手なので

見るのがちょっと大変だったところも多々ありまして

やっぱり、映画監督さんって
作品変っても、どういう作風とか
こだわりって、通じている所あるみたいですね。

そのため、木村拓哉さん主演映画という事で

見たい人沢山いると思いますが

ちょっと見たくない、背けたくなるシーンが苦手な人には

避けたほうが良い作品かも??

映画「無限の住人」には
豪華な俳優さん沢山出演されています。

若手俳優の福士蒼汰さんも出演されてて

この俳優さんって、こんな普通の
くせの無い、うーん、あっさりしている役柄

こんな俳優さんだったけ?福士蒼汰さんって。

ドラマ、映画沢山出ているはずだけど

この作品の役柄に合わせている?

福士蒼汰さんって、こんな俳優さんだったけ??って

ちょっと心配になったりしています。映画「無限の住人」を見て。

あとは、市原隼人さん。
もうすっかり、見方、正義の側でなくなっている
イメージが定着している感がありますが
この作品でも。


戸田恵梨香さんは、うーん
なんか、この作品、映画では
ちょっとハマらなかった感じ

なんだろう?違和感があって・・・
出演自体が短いのに

メインの場面でも、なんとなく違和感あった感じ、個人的に

トータルに木村拓哉さん主演というだけで
映画「無限の住人」を映画館に見に行ったら

後悔してしまう可能性大。

あと、この作品自体「無限の住人」

あとは、三池崇史さんという事もあり

残酷なシーン、ちょっと見たくない、怖い場面など

多々あるのでその点からも、見に行く前には

その意識をして映画館に見に行く必要がありそうです。
posted by 映画 DVD鑑賞 at 08:30 | 和歌山 ☀ | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年04月16日

【映画】名探偵コナン から紅の恋歌(ラブレター)感想、ネタバレも

昨日から映画公開になった、最新作「名探偵コナン から紅の恋歌(ラブレター)」
を映画館に見に行ってきました。


映画館に最近行くようになって
今回の「名探偵コナン」では
かなり大きなスクリーンで、しかも満員的にお客さんたくさんいてビックリ。
0416_eigakonan.jpg


しかも、朝9時上映開始の回でしたが。

早速、実際に2017年4月の最新作
「名探偵コナン から紅の恋歌(ラブレター)」を見た感想レビューなどをしてみたいと思います。

ネタバレの記載もしてしまいますので、ご注意ください。

今回の映画では、主役は
服部平次

江戸川コナンも大活躍ですが

やっぱり、服部平次の活躍に大注目です。

その中でも、最も注目すべきシーンとしては絶対に
服部平次が遠山和葉を救出するシーン

私の感覚では

今回の「名探偵コナン から紅の恋歌(ラブレター)」では

2回この場面があります。

スタート直後と、最後のエンディング間近に

この配分、どちらがメインに?という事で

感覚的、感情的には

最後のエンディング間近に

最もインパクト欲しかったような気持ちも・・・

実際の所は、スタート直後の場面の方が
インパクト、印象強かったような気持ちも・・・

予告動画で、CMなどで流れている
「服部平次」のセリフなど


遠山和葉を救出するシーンでの場面

やっぱり見所になっています。

名探偵コナン、漫画でも、テレビアニメでも
大人気ですが、映画でも、間違いないですね。

かなり面白かったです、今回の映画も

そうそう、最新作「名探偵コナン から紅の恋歌(ラブレター)」の
エンドロールが終わっても


まだ、少しあるので

席は最後の最後まで、立たない方がよさそうです。
posted by 映画 DVD鑑賞 at 04:54 | 和歌山 ☁ | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年04月09日

【映画ゴーストインザシェル】アニメから映画、評価感想ネタバレも

映画館で「ゴースト・イン・ザ・シェル」を見てきました。

予告上映などで、映像動画を見ていて
ちょっと面白そうな映画だなって事で。

SFアニメの傑作「GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊」の映画化という事です。

アニメは、見た事ないけど
たぶん大丈夫だと思います。

0409_gosutointheshell.jpg


ネタバレを書いているので、これから映画を見る人はご注意ください。

実際に「ゴースト・イン・ザ・シェル」を見た感想、レビューなどを書いていきます。

うーん、もしかして

アニメを見ていないから?

内容、ストーリーが

完全に理解できない部分もあったかも??

あとは、
近未来、SF世界という事だったみたいですが

どうも、未来的な部分と
現実世界、現時点の事が

ごちゃごちゃになっているのかなって

個人的に感じていたり・・・

近未来の世界を描いている感じですが

日本が舞台に?なっている感じだけど
どうも、中国も入っている感じ?

もしかして、ハリウッドによって
映画化されたという事で

アメリカから見た、日本って

日本と、中国の境

違いが良く分かっていないのか?

意図的に、こういう空間にしているのかまでは

ちょっと分からない状態になっていました。

日本人が、アメリカの様子を
世界、街とかを描くと

イメージ、印象で書いてしまうのと同じ感じかも?

近未来的な世界のはず
SFのはずだけど

うーん、どうも世界観に入れない?

それだけ、進歩しているはずなのに

なぜ?2017年現在のものが

未だに、その近未来でも有効な手段として登場しているとか?

見ている中で、いろいろ考えてしまって・・・

ちょっと期待していた
映画「ゴースト・イン・ザ・シェル」

私の理解力の足りないためか?
評価するなら
十分楽しめなかった感じ、理解できなかった感じ

あとは、個人的には

うーん、もったいない映画に

映画館で見なくてもよさそうかなって。

アニメファンとして
SFアニメの傑作「GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊」を
すごく好きな人から見ても

おそらく、物足りない

ちょっと残念な映画になっているのではって??

近未来の怖さという点では
映画「パッセンジャー」に、近い所もあったような気も・・・
posted by 映画 DVD鑑賞 at 06:33 | 和歌山 ☔ | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする