一番最近の良かった映画 2015/10/03時点
映画「バクマン。」

トワイライト ささらさや [ 新垣結衣 ]


ザ・コール 緊急通報指令室
最近の記事
2017年05月06日

映画「追憶」公開「5つの日本一と7つの乗り物で巡る旅2日間」富山

富山県の「北陸ツアー2コース」
トロッコ電車
アルペンルート

映画「追憶」公開
阪急交通社がおすすめ


0506_tuioku_eiga.jpg


今日から映画館で公開スタートになった
岡田准一さん, 小栗旬さん, 柄本佑さん, 長澤まさみさん, 木村文乃さん出演している

0506_tuioku_eiga1.jpg
映画「追憶」

映画館に行ったときに、

5つの日本一と7つの乗り物で巡る旅2日間
のパンフレットもらえました。

富山県の旅行のようですが


映画の舞台が、富山県のようで

この共通点があったみたいです。

最近の映画館では
上映映画と関連しているパンフレットもらう機会ありますが

まさか、旅行会社のパンフレットもらえたの

個人的に初めてです。

人気俳優の岡田准一さん, 小栗旬さんが出演されているので

「富山県」にも
スポットが当たりそうな感じします。

ホテル・旅館の宿泊ならdトラベル
posted by 映画 DVD鑑賞 at 16:34 | 和歌山 ☁ | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年04月29日

【監督三池崇史】木村拓哉映画「無限の住人」見に行く前、ネタバレ

映画のネタバレについても記載していますので、ご注意ください。
木村拓哉さん主演映画「無限の住人」
時代劇コミックからの映画化となっている作品になります。

この作品の個人的に、なんとなく時代劇という時代背景と
木村拓哉さんの言葉使いが、ミスマッチ?

なんか現代の言葉を使っている感じが

どうも、違和感感じています。


あと映画「無限の住人」の監督が三池崇史さんという事。

この三池崇史さんという作品では
結構な目を背けたくなる場面、シーンあったと思いますが

この映画「無限の住人」でも
やっぱりそんなシーン多数あって

ちょっと、個人的にそれらのシーンのある映画苦手なので

見るのがちょっと大変だったところも多々ありまして

やっぱり、映画監督さんって
作品変っても、どういう作風とか
こだわりって、通じている所あるみたいですね。

そのため、木村拓哉さん主演映画という事で

見たい人沢山いると思いますが

ちょっと見たくない、背けたくなるシーンが苦手な人には

避けたほうが良い作品かも??

映画「無限の住人」には
豪華な俳優さん沢山出演されています。

若手俳優の福士蒼汰さんも出演されてて

この俳優さんって、こんな普通の
くせの無い、うーん、あっさりしている役柄

こんな俳優さんだったけ?福士蒼汰さんって。

ドラマ、映画沢山出ているはずだけど

この作品の役柄に合わせている?

福士蒼汰さんって、こんな俳優さんだったけ??って

ちょっと心配になったりしています。映画「無限の住人」を見て。

あとは、市原隼人さん。
もうすっかり、見方、正義の側でなくなっている
イメージが定着している感がありますが
この作品でも。


戸田恵梨香さんは、うーん
なんか、この作品、映画では
ちょっとハマらなかった感じ

なんだろう?違和感があって・・・
出演自体が短いのに

メインの場面でも、なんとなく違和感あった感じ、個人的に

トータルに木村拓哉さん主演というだけで
映画「無限の住人」を映画館に見に行ったら

後悔してしまう可能性大。

あと、この作品自体「無限の住人」

あとは、三池崇史さんという事もあり

残酷なシーン、ちょっと見たくない、怖い場面など

多々あるのでその点からも、見に行く前には

その意識をして映画館に見に行く必要がありそうです。
posted by 映画 DVD鑑賞 at 08:30 | 和歌山 ☀ | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年04月16日

【映画】名探偵コナン から紅の恋歌(ラブレター)感想、ネタバレも

昨日から映画公開になった、最新作「名探偵コナン から紅の恋歌(ラブレター)」
を映画館に見に行ってきました。


映画館に最近行くようになって
今回の「名探偵コナン」では
かなり大きなスクリーンで、しかも満員的にお客さんたくさんいてビックリ。
0416_eigakonan.jpg


しかも、朝9時上映開始の回でしたが。

早速、実際に2017年4月の最新作
「名探偵コナン から紅の恋歌(ラブレター)」を見た感想レビューなどをしてみたいと思います。

ネタバレの記載もしてしまいますので、ご注意ください。

今回の映画では、主役は
服部平次

江戸川コナンも大活躍ですが

やっぱり、服部平次の活躍に大注目です。

その中でも、最も注目すべきシーンとしては絶対に
服部平次が遠山和葉を救出するシーン

私の感覚では

今回の「名探偵コナン から紅の恋歌(ラブレター)」では

2回この場面があります。

スタート直後と、最後のエンディング間近に

この配分、どちらがメインに?という事で

感覚的、感情的には

最後のエンディング間近に

最もインパクト欲しかったような気持ちも・・・

実際の所は、スタート直後の場面の方が
インパクト、印象強かったような気持ちも・・・

予告動画で、CMなどで流れている
「服部平次」のセリフなど


遠山和葉を救出するシーンでの場面

やっぱり見所になっています。

名探偵コナン、漫画でも、テレビアニメでも
大人気ですが、映画でも、間違いないですね。

かなり面白かったです、今回の映画も

そうそう、最新作「名探偵コナン から紅の恋歌(ラブレター)」の
エンドロールが終わっても


まだ、少しあるので

席は最後の最後まで、立たない方がよさそうです。
posted by 映画 DVD鑑賞 at 04:54 | 和歌山 ☁ | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年04月09日

【映画ゴーストインザシェル】アニメから映画、評価感想ネタバレも

映画館で「ゴースト・イン・ザ・シェル」を見てきました。

予告上映などで、映像動画を見ていて
ちょっと面白そうな映画だなって事で。

SFアニメの傑作「GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊」の映画化という事です。

アニメは、見た事ないけど
たぶん大丈夫だと思います。

0409_gosutointheshell.jpg


ネタバレを書いているので、これから映画を見る人はご注意ください。

実際に「ゴースト・イン・ザ・シェル」を見た感想、レビューなどを書いていきます。

うーん、もしかして

アニメを見ていないから?

内容、ストーリーが

完全に理解できない部分もあったかも??

あとは、
近未来、SF世界という事だったみたいですが

どうも、未来的な部分と
現実世界、現時点の事が

ごちゃごちゃになっているのかなって

個人的に感じていたり・・・

近未来の世界を描いている感じですが

日本が舞台に?なっている感じだけど
どうも、中国も入っている感じ?

もしかして、ハリウッドによって
映画化されたという事で

アメリカから見た、日本って

日本と、中国の境

違いが良く分かっていないのか?

意図的に、こういう空間にしているのかまでは

ちょっと分からない状態になっていました。

日本人が、アメリカの様子を
世界、街とかを描くと

イメージ、印象で書いてしまうのと同じ感じかも?

近未来的な世界のはず
SFのはずだけど

うーん、どうも世界観に入れない?

それだけ、進歩しているはずなのに

なぜ?2017年現在のものが

未だに、その近未来でも有効な手段として登場しているとか?

見ている中で、いろいろ考えてしまって・・・

ちょっと期待していた
映画「ゴースト・イン・ザ・シェル」

私の理解力の足りないためか?
評価するなら
十分楽しめなかった感じ、理解できなかった感じ

あとは、個人的には

うーん、もったいない映画に

映画館で見なくてもよさそうかなって。

アニメファンとして
SFアニメの傑作「GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊」を
すごく好きな人から見ても

おそらく、物足りない

ちょっと残念な映画になっているのではって??

近未来の怖さという点では
映画「パッセンジャー」に、近い所もあったような気も・・・
posted by 映画 DVD鑑賞 at 06:33 | 和歌山 ☔ | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年04月02日

【藤原竜也伊藤英明主演】「22年目の告白 私が殺人犯です」期待

藤原竜也さん、伊藤英明さん主演の映画「22年目の告白 私が殺人犯です」
まだ少し先になりますが、映画公開「2017年6月10日」期待できそうな感じ


もう、映画館では予告映像が流れてて

期待できそう、早く見たい感じの映画になっています。

実は、韓国の映画「殺人の告白」をDVDで見ていて
すごい映画、今まで見た韓国映画の中で

個人的には、一番良かった映画だと思います。

そうなんで、その韓国映画「殺人の告白」が

日本版となったのが
藤原竜也さん、伊藤英明さん主演の映画「22年目の告白 私が殺人犯です」

韓国の状況、環境で描かれている感じを

日本に変えて、うまく変更して

「22年目の告白 私が殺人犯です」になっていると思いますが。

かなり、本当によかったので

この豪華な主演映画で

どのような感じに仕上がるのか?

すごく楽しみにしています。


まだ、韓国映画「殺人の告白」を見ていない人は

ぜひ、見てもらいたい作品です。


特に韓国映画好きとかでない、私ですが

本当に、この作品いいと思います。
posted by 映画 DVD鑑賞 at 18:40 | 和歌山 ☁ | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【映画】「キングコング 髑髏島の巨神」の感想レビューなどネタバレ

映画館で「キングコング 髑髏島の巨神」を見てきました。
もう映画館で公開されて少し経つ感じですね。

2017年3月25日からスタートしている作品です。

普段なら、このタイプの映画見に行く感じでないですが

「シン・ゴジラ」のパターンもありそう?


実は、映画「シン・ゴジラ」見ていませんが

かなり話題になって、ちょっと意外な感じしていましたので

もしかして、「キングコング 髑髏島の巨神」
そちらの感じになるのかも?
期待している感じ

あとは、もちろん、映画館の予告映像で何度も見て

面白そうかもって事で。

ネタバレも記載してしまうと思われますので、ご注意ください。

実際に、本日「キングコング 髑髏島の巨神」を見た感想としては

うーん、映画館で見るべき映画でなかったかも・・・

見に行かなくてよかった映画かも・・・

こういうタイプの映画

怪獣系?に関しては

実際の所は、人間関係、人間同士の
争いに焦点が止まっている感じ

うーん、そして、さらにいえば

恐れるべき存在の怪獣系などが

実は、人を襲う感じ

人間を敵視している訳で無かったという感じ

こういうパターンって、ちょっと典型的になっているのかもって・・・

うーん、個人的に「キングコング」好きとか

怪獣ものとか、さらにゴジラなど

特に好きな訳で無いので

ちょっと冷静に映画を、展開を見てしまって

うーん、映画館に行ったの

この作品「キングコング 髑髏島の巨神」を選択したの

他の映画にしておけばよかったかな・・・

シン・ゴジラ
posted by 映画 DVD鑑賞 at 18:30 | 和歌山 ☁ | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年03月19日

【映画】「3月のライオン 前編」評価、ネタバレなどコミック映画化

最近「将棋」の映画多いなって感じしていますが
今日は、将棋映画、神木隆之介さん主演の映画
3月のライオン 前編」を映画館に見に行ってきました。

大ヒットコミックから
映画化されたようですが


漫画読んだことないけど、たぶん大丈夫だろうと思って

実際に「3月のライオン 前編」を見た感想は・・・

ちょっと映画のネタバレも書いてしまいそうです。
これから見る人はご注意ください。

今回の映画は、将棋の内容と

人間関係の内容と

この二つが柱になっていました。

うーん、そう考えると

大ヒットコミック読んでいないから

どのような配分が良かったのか不明ですが

漫画でどうなっていたのか?

そのため、「3月のライオン 前編」映画を見た感じでは・・・

将棋に関する場面

もっと見たかった、力を入れて欲しかったような・・・

両方とも
将棋の場面
人間関係、ヒューマンを描くところ

どちらも中途半端で終了してしまっていた感じ・・・

そのため、映画としての満足度が

あくまでも、今回の映画「前編」という事だけど

うーん、映画として

ちょっと物足りなさを実感してしまったような気が・・・

3月のライオン 1(完全生産限定版) [Blu-ray]

最初から、前編、後編という
2本の映画という事で

リスクありそうな予感でしたが

前編が、このような内容だったら

後編もぜひ見たい、映画館でって思う人どのくらいいるのかなって・・・


映画「3月のライオン 前編」を映画館で見た人は
どのような感じを、評価をされているのか気になります。
posted by 映画 DVD鑑賞 at 17:13 | 和歌山 | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年03月13日

【映画】「チアダン」実話の映画化に広瀬すず、中条あやみビリギャル

感覚的に予告動画などを見たりしてみると
広瀬すずさん、中条あやみさん出演の映画「チア☆ダン 女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話」って

少し前に公開された、「ビリギャル」に通じるものがあるのかも??

だとすれば、ビリギャルはすごく良かったと思ったので



今回の実話の映画化を
映画館で
「チア☆ダン 女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話」
で見てみたいと思って

実際に「チアダン」を見た感想としては

やっぱり、要所要所に
「ビリギャル」が頭によぎった感じが個人的には・・・

あと、ゴール、エンディングが
最初から分かっている、タイトルにもなっている中での

映画という事で、どのような流れで、展開で

エンディング、ゴールまでたどり着くのかって

いつもの映画とは違った感じの見方が出来る映画になっていると思われます。

そうそう、実話という事で

実際には、福井県の高校が
アメリカで第1位になるという

想像もできない話でしたが

高校生の努力、葛藤などいろいろ見るべきポイントがあったかなって。

すごく、いい映画で楽しめる映画となっていました。

人間関係、メンバー間の関係性
顧問、コーチとの関係性など

チーム競技という事で

見ていて、実感できる、入り込める内容になっています。

そうそう、テレビCMなどでも
「チアダン」の情報流れてて

感覚的には、沢山の映画館で上映されていると思っていたけど

なんとなんと

大阪の梅田に限って
上映している映画館を確認してみると

なんと、たった一つの映画館のみ

大阪の梅田に限っては
「TOHOシネマズ梅田」のみでの上映となっていました。

かなり意外な感じ。

もっと沢山の映画館で上映されている映画かと思ったりしたので
posted by 映画 DVD鑑賞 at 05:38 | 和歌山 ☁ | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【映画館】映画「SING シング」ぬいぐるみ付き広告パネルが梅田の

映画館の「SING シング」広告パネル
3月11日の土曜日に、大阪の梅田ブルク7で見つけて

翌日の3月12日の日曜日には、大阪の東宝シネマズ梅田でも
同じ「SING シング」広告パネルがありました。

ぬいぐるみ付きのパネルなので
かなり目立っていました。

0313_eigakansing.jpg


ミニオンズスタッフによる最新作という事で

さらに、日本語吹き替え版には
豪華な芸人さん、俳優さん達が多数出演されている事で

大ヒット間違いなさそうな映画「SING シング」

3月17日から公開予定になっているので

今週の金曜日から映画館で見る事ができそうです。
posted by 映画 DVD鑑賞 at 05:24 | 和歌山 ☁ | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年02月13日

【映画】「サバイバルファミリー」感想、ネタバレなど2/12に映画館

サバイバルファミリーが気になっていたので
映画館に見に行ってきました。


2017年2月12日の日曜日に行ってきました。

テレビCMや、映画館で見た予告映像などで
なとなく、「サバイバルファミリー」の内容展開については分かっている感じ



さらに、矢口史靖監督という事で
「ウォーターボーイズ」「ハッピーフライト」という映画を撮った監督作品という事で

さらに、どのような映画になるかってある程度は想像付きそうな感じですが。

実際に、映画「サバイバルファミリー」を見た感想、ネタバレなど書いてみます。

まず、映画を見る前に持っていた
軽い感じの映画かなって思っていたけど

意外に見応えがあって、映画として面白かったです。

現在の日常生活に欠かせない、電気などが使えなくなるという
ギャップを、映画を通してみる事が出来た感じがしました。

ネタバレ的な面でいえば
電気だけでなく、ガスも水道も交通機関も使えなくなるという

ちょっと、この点が想像付かない
かなり、ギャップを見せるために
何もかも使用できないという状況が、設定がちょっと内容ストーリーに
より過ぎている??かもって。
強引な設定過ぎ??

でも、映画「サバイバルファミリー」を全体的には

かなり面白い映画になっていたと思います。

無難な映画、ハズレが無い映画って
ちょっとマイナス面から見てしまいがち?な映画かも?

そのタイプの映画でなかったみたいです。

映画館に見に行って、良かった映画だと思います。

ベビー乳酸菌
posted by 映画 DVD鑑賞 at 04:14 | 和歌山 ☀ | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする